株式会社トヨシマ

工具から自動車部品まで、圧延金属加工技術の総合メーカー

ご挨拶 - オンリーワンの技術だからできること。

オンリーワンの特殊圧延技術で、世界へ。

代表取締役 田邉義和の写真

グローバリゼーションが進行する中で、日本のモノづくりは正念場を迎えています。

当社は、創業以来培ってきたバネ製造技術、熱処理技術、金属の成形加工技術を礎に、世界に類を見ないユニークかつ画期的な製造方法を次々と発明してまいりました。

その技術を生かして素材から製品まで一貫した生産体制を確立し、特殊鋼を素材とする「フォークリフトアーム」「板バネ」「コイルスプリング」「カッティングエッジ」などを生産しております。

私たちは、永年に渡って培ってきた特殊圧延技術のノウハウを集結し、従来は鍛造でしか製造できなかった、長手方向に幅や厚を連続的に変化させた鋼板を圧延により製造する技術を新たに開発しました。

圧延技術について語る、田邉義和の写真

これにより、フォークリフトアーム製造において大小様々な寸法、長さの製品を一つの製造設備で製造することを可能にしました。結果、断面サイズで幅300ミリ、厚み120ミリを超える巨大なフォークアームも数分のうちに成形することができ、驚異的なコスト削減短納期化を実現し、競争力のある製品づくりができるようになりました。この技術は、我々トヨシマだけのオンリーワンの技術であり、実際にグローバル市場において、当社の競争力を飛躍的に向上させています。

現在、我々はこの革新的な圧延技術を携えて、新たな市場を開拓すべく動き始めました。積極的に産学連携事業などに参加し、建設構造物や橋梁構造物をはじめとした様々な分野で、耐震性を飛躍的に向上させる構造物に、この画期的な特殊圧延技術を活用した製品の開発に取り組んでいます。

このウェブサイトをご覧になられた皆様には、トヨシマだけが持っているオンリーワンの特殊圧延技術を知っていただき、その可能性を感じていただければ幸いです。

これからも斬新な生産技術と柔軟な発想力で、日本をはじめとした世界の産業界に貢献し続けるため、日々努力を重ねてまいります。

今後ともより一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社 トヨシマ 代表取締役 社長 田邉義和