株式会社トヨシマ

工具から自動車部品まで、圧延金属加工技術の総合メーカー

会社沿革 -

会社沿革

1950 (S.25)
先代社長 田邉 晋が大阪市福島区に共進商会を創立。自動車補修用各種板バネ等の販売を開始。
1951 (S.26)
  • 資本金50万円の株式会社に改組。商号を豊島自動車株式会社と改め、本社を大阪府池田市玉坂町に設置。
  • 大阪市東淀川区に工場を新設、自動車補修用各種板バネの生産を開始。
1955 (S.30)
大阪府池田市木部町に本社及び板バネ製造工場を新設・移転。
1957 (S.32)
東京営業所開設。
1959 (S.34)
札幌営業所開設。
1961 (S.36)
仙台営業所開設。
1962 (S.37)
名古屋営業所開設。
1963 (S.38)
福岡営業所開設。
1965 (S.40)
高松営業所開設。
1967 (S.42)
青森営業所および新潟営業所開設。
1970 (S.45)
広島営業所開設
1971 (S.46)
  • 岩山自動車株式会社資本金720万円(大阪市福島区)を吸収合併し、新しく福島営業所とする。合併後資本金5,720万円。
  • 昭和45年8月以来、兵庫県加東郡社町に建設中の社工場竣工。
1972 (S.47)
鹿児島営業所開設
1973 (S.48)
  • 宇都宮営業所開設
  • 米国カリフォルニア州にU.S.A豊島スプリング・INCを設立。
  • 文珠工業株式会社(池田市吉田町1番地)を買収、日本ボデー部品工業株式会社に社名変更、タイヤチェーン、∪ボルト等の生産開始。
1974 (S.49)
昭和49年1月社工場に圧延事業部設置、同敷地内に圧延工場新設、2月に生産開始。
1975 (S.50)
11月に池田市住吉1丁目1番6号にて新本社ビル並びに部品発送センターの建設に着手。
1976 (S.51)
  • 共英製鋼株式会社東大阪工場を買収し、新しく製鋼事業部を設置、次いで製鋼事業部を豊島製鋼株式会社として分離独立。
  • 8月社工場において分塊圧延工場の建設に着手。
  • 福島営業所を大阪営業所に改称。
  • 10月本社新社屋竣工(池田市住吉1丁目1番6号)。
  • 11月社工場における分塊圧延工場竣工。
1977 (S.52)
岡山営業所開設。
1978 (S.53)
池田市木部町池田工場を兵庫県社工場に全面移転。
1979 (S.54)
資本金を3億6,500万円に増資(46年7月1億円、49年2月2億円)。
1980 (S.55)
フォークリフト用フォークの生産・納入を開始。
1981 (S.56)
豊島精鋼株式会社に商号変更。
 
ロール圧延成形方法特許取得。
1982 (S.57)
ショベルローダー用カッティングエッジの生産・納入を開始。
1984 (S.59)
千葉営業所開設。
1986 (S.61)
  • 米国インディアナ州に豊島インディアナ・INCを設立。
  • 豊島インディアナ・INCがコルトインダストーリーのサービススプリングを買収し、自動車用板バネの現地生産及び販売を開始。
1988 (S.63)
豊島製鋼株式会社を吸収合併、資本金3億7,880万円となる。
1990 (H. 2)
豊島インディアナ・INCがフォークリフト用フォークの本格生産販売を開始。
1991 (H. 3)
社工場の管理棟新築、建屋増改築、フォーク関係設備新増設完了。
 
株式会社 トヨシマに商号変更。
1992 (H. 4)
第三者割当増資により資本金4億8,130万円となる。
1997 (H. 9)
川越営業所開設。
1999 (H.11)

2月25日、ISO9001認証取得。営業本部及び社工場。

2005 (H.17)
  • 田邉義和 社長に就任。
  • 東京支店と千葉営業所を統合し関東支社開設。
2007 (H.19)
日本ボデー部品工業株式会社を吸収合併し池田工場とする。
2008 (H.20)
  • 社工場 新フォークライン増設。
  • 可変式HV圧延機・大型プレス機導入による大型フォークリフト用アームの生産開始。
2010 (H.22)
池田工場カッティングエッジ・Uボルト設備を社工場に移設。
2014 (H.26)
大阪支店を本社ビルに移転。